無料年賀状素材集・アニャ子と作ろう♪簡単!おしゃれ年賀状

年賀状Q&A

Q&A

年賀状Q&A

Q. 書いちゃいけない言葉ってあるの?

A. 「忌み言葉」「暗い内容」は避けましょう

新年のあいさつに行く代わりに、お祝いを述べる年賀状。
縁起の悪い「枯れる・衰える・失う・倒れる・滅びる」などの忌み言葉は使わないようにしましょう。
「去年」は「去る」という忌み言葉になるため、「昨年」「旧年」にするのがベターです。
また、新年から暗い話題も避けたいものですね。

Q. いつまでに出せば元旦に届く?

A. 12/25までに出しましょう

日本郵政公社では、12月25日の最終回収時間までに投函されたものは、
元日に届くよう努力するということになっています。
28日頃でも、運が良ければ元旦に届くこともありますが、確実に元旦に届けたい場合はやはり25日までに!1月7日を過ぎてしまった場合は「寒中お見舞い」として出しましょう。

Q. 賀詞は上司と友達と変えるべき?

A. 「迎春」「賀正」などは目上の人には使わないようにしましょう

漢字2文字の賀詞は略語になり失礼になります。
「謹賀新年」「恭賀新年」など、漢字4文字からなるものが礼儀にかなった挨拶の敬語となるので妥当です。
また、「新年、あけましておめでとうございます」は「新年」と「あけまして」の意味が重複してしまうため、「新年おめでとうございます」としましょう。
また、「元旦」には「1月1日の朝」という意味があるので、「平成22年 1月 元旦」は「平成22年 元旦」としましょう。

Q. 年賀状に松・竹・梅の絵柄が多いのはなぜ?

A. 寒さに耐える木・植物であり、おめでたいとされる吉祥文様だからです

松は冬も青々とし、竹は雪の重さにも耐えるしなやかさがあり、梅は早く咲き春の訪れを告げます。
そのことから、日本では古くから吉祥文様の一つとしておめでたい場面にはかかせないものとなっています。
中国では龍や鳳凰が有名であり、鶴や亀は長寿の象徴であったりしますが、鶴もまた優雅な姿から日本でことさらに 愛されています。

Q. センスのいい年賀状を出したいけど、どうしたら?

A. あなたらしさを出しましょう

ただおしゃれな絵柄の年賀状を貰えば、あなたは嬉しいでしょうか? やっぱりそのままより、何か自分に向けたひと言がある年賀状が、 気配りの配慮やその人を感じますよね。
また、おしゃれ→その人らしさと思いますので、自分の好きな色やイラストを使ったり、 既成のものは何か少し手を加えたりするといいのではと思います。